水の副作用と効果・効能

水の副作用と効果・効能

水

 

水とは

は人にとって一番重要な栄養素です。

 

 

水は、無色無臭です。

 

 

ですが、なにも混ざっていない純粋な水は存在しておらず、
常に何かが溶けこんでいる状態の水が本来の水の形です。

 

 

そのため同じ水でも、地域によって水質が異なるのです。

 

 

また、水には硬水と軟水があります。

 

 

水の硬度は、水中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を表したものです。

 

 

◆一般的な硬度の基準別の区分
・軟水   0〜100mg/l 未満
・中硬水 101mg以上〜300mg/l 未満
・硬水   301mg/l 以上

 

日本の水の硬度はおよそ20〜60の間で、ほとんどが軟水です。

 

 

そんな水ですが、人体のほとんどは、水でできていると言っても過言ではありません。

 

 

そのため、体内から水がなくなってしまえば、
それだけで、人の生命活動は止まってしまいます。

 

詳しくは。「水とは」へ

 

 

水の副作用

 

水には副作用というものはありません。

 

 

しかし、体に不可欠な水でも、過剰に摂取した場合には症状が起こります。

 

 

2007年にアメリカで、水飲みコンテストが行われました。

 

 

ルールは、トイレもいかず、ひたすら水を飲み続けるという内容です。

 

 

これに参加した28歳の女性がコンテストの数時間後に亡くなった事例があります。

 

詳しくは、「水の副作用」へ

 

水の効果・効能

 

水には、様々な効果効能があります。

 

 

◆水の効果・効能
・ダイエット効果(脂肪燃焼効果)
・美肌効果
・血液さらさら効果(血圧安定効果)
・デトックス効果
・便秘改善効果
・リンパの流れ改善効果
・脳の活性化
・ストレスの軽減
・疲労回復

 

詳しくは、「水の効果・効能」へ