水の摂取量はどれくらい

水の摂取量

摂取量
1日どれくらい必要なのでしょうか?

 

 

人間の体はタンパク質を除けば、水分でほぼ構成されており、
成人であれば体重の約60〜70%が水分でできていると言われています。

 

 

日常生活においては、汗、尿、便などで水分が排出され、
1日あたりに排出される水分量の合計は約2?〜2.5?とされています。

 

 

では、毎日約2?〜2.5?の水を摂取すればいいかといえば、
一概にそうとは言い切れません。

 

 

というのも、水分はの飲み物だけでなく、
食品にも含まれており、その他体内で発生する代謝水もあるからです。

 

 

ちなみに、代謝水というのは、
摂取した食物の栄養素が代謝されて生じる水分のことです。

 

 

この食品や代謝水からの水分摂取量というのが、
1日あたり約1?前後ぐらいと考えられています。

 

 

そのため、食事以外での水から補給すべき水分摂取量は
1日あたりの目安は、約1.5?以上であるといえます。

 

 

あくまで、体重、性別や生活スタイル等の違いによって、
1日あたりの水分摂取量は異なってきます。

 

 

ちなみに性別での水分摂取量の違いは、
男性は1日2〜3?、女性は1日1.5〜2.?の水分を摂取すると良いといわれています。

 

 

ちなみに、健康な成人が、
1日に処理できる水分の量は決まっていますので
過剰摂取しないようにしましょう。

 

 

また、激しい運動する方やアスリートなどのスポーツ選手は
さらに多く摂取する必要があります。

 

 

体重45〜68kgの方であれば約4?、
体重69〜91kgの方であれば約5?、
体重91kg以上の方であれば約6?程必要です。

 

 

激しい運動する方やアスリートなどのスポーツ選手の場合は、
通常の生活強度の方に比べると、かなり水分を摂取しなければなりません。

 

 

このように、水の1日の摂取量は、
性別や生活強度によって変わってきます。

 

 

また、コーヒーや酒などの利尿作用がある飲み物を
日常的に摂取する方も水分を多く摂取する必要があります。

 

 

ちなみに、カフェインを含むもの、アルコールを含むものは
水分として考えることはできないので注意しましょう。