水は日焼けのケアにも効果的

水と日焼け

日焼け後のお肌のケアに欠かせません。

 

 

季節によって程度は違いますが、
日焼けは、一年を通して肌にストレスをあたえます。

 

 

そのため、年中、日焼け対策が必要になります。

 

 

そもそも日焼けは、医学用語では「日光皮膚炎」といいます。

 

 

つまりは、太陽光によるやけどなのです。

 

 

日焼けは、太陽光線の紫外線によって皮膚が炎症を起こした状態であり、、
見た目と裏腹に、肌にとっては決して健康的といえる状態ではありません。

 

 

また、日焼けも状態によって2種類に分けられますが、
肌が赤く炎症を起こしている状態をサンバーンといい、
色素沈着して褐色に落ち着いた状態をサンタンと呼び区別しています。

 

 

日焼けは内側の水分が失われる事によりシミ、シワ、
乾燥や毛穴の汚れなどの肌トラブルが起きてしまいます。

 

 

そのため、日焼けをしたらしっかりとしたお手入れをする事が大事です。

 

 

その日焼けのケアには、十分な水分の補給が必要となります。

 

 

紫外線のダメージを受けた皮膚は
通常の水分保持ができなくなり、潤いやハリが無くなってしまいます。

 

 

この場合の水分補給は、肌からの直接の補給も必要になります。

 

 

日焼けをした後の水分補給は、
アルコールの入っていない刺激の少ない化粧水やアロエ配合のローションなど、
保湿、保水ができるものを利用しましょう。

 

 

また、ヒアルロン酸やプロテオグリカンの配合された
保湿力の高い化粧水を使うとしっかりと水分補給ができます。

 

 

お肌の水分補給をしっかりする事によって、肌が回復力を促進してくれます。

 

日焼け後の水分補給を面倒くさがらずにきちんとすると、
今後のシワ、シミなどのお肌の老化現象の発生に差が出てきます。

 

 

また、アロエの果肉を直接塗るのも肌の水分補給の役割もあります。

 

 

そして、水分補給と同時にビタミンCを補給するようにしましょう。

 

 

ビタミンCは、皮膚の再生やコラーゲン生成の促進、
ターンオーバーの促進など日焼けのケアにはもってこいの成分です。