水の種類って知ってますか?

水の種類

 

最近では様々な種類があり、どれが本当にいいものか迷ってしまいます。

 

 

水の種類は色々あり、水の種類によって成分も様々です。

 

 

水の特徴や安全性、利用方法などみてみましょう。

 

◆水の種類
@原水
 原水とは浄水する前の水のことをで、天然水はすべて原水です。
 鉱水、鉱泉水、井戸水、浅井戸水、伏流水、湧水、温泉水などです。

 

A水道水
 水道から出てくる水で、 浄水場で作られ、国が定めた安全基準をクリアしたものです。
 また、各地で味が違い、特徴があります。

 

B浄水
 浄水器で濾過した水で、 活性炭やセラミックなどのフィルターで濾し、
 水道水の塩素やトリハロメタン、農薬、かび臭などを取り除いた安全な水です。

 

C活水
 水道水が通常有している表面張力を、 
 セラミック触媒により低減することで、水本来の持つ力を引き出した水です。

 

D整水
 水道水に含まれる塩素や鉛などを浄水フィルターで除去し、
 その水をさらに電気分解し、アルカリ性で還元性をもつ水素を豊富に含んだ水

 

E還元水
 水道水を電気分解することでマイナス電極側から生成される水、
 還元力を持ち合わせている水のことです。

 

 

F天然水
 天然水とは、自然によってろ過され、何年もかけて生成されたミネラル分豊富な水で、
 天然成分が豊富に含まれている水で、水道水のようにカルキ臭さがないのが特徴です。

 

G純水
 純水とは、不純物やイオン成分を一切除去した水のことで、
 飲用することで体内の不純物を体外へと排出してくれるデトックス効果があります。
  RO水、脱イオン水、蒸留水、精製水などがです。

 

H蒸留水
 お湯を沸かすと、水が沸騰して水蒸気ができ、
 発生した水蒸気を、再度冷却して液体にした水のことです。

 

I電解水
 食塩などの電解質を添加し、電気分解することにより、
 生成された物質を混ぜ合わせた水を電解水といいます。
 電気分解された電解水は陰極側の強酸性電解水と
 陽極側の強アルカリ性電解水とに分けられます。

 

J水素水
 水素水とは、電気分解により生成された水素分子を
 高い濃度で含んでいる水で、 活性水素水または電解還元水ともいわれます。
 ミネラルウォーターにも水素が含まれていますが、
 それらに水素の含有率が圧倒的に多いのが水素水です。

 

K海洋深層水
 水深200m以下の海水を海洋深層水といい、
 豊富なミネラルや栄養素がバランスよく含まれている水です。

 

L酸素水
 酸素水とは、酸素を含んだ水のことです。
 酸素水には皮膚細胞や脳細胞を活性化する作用や、
 免疫力を高めたり乳酸や脂肪を分解する作用があります。

 

Mアルカリイオン水
 水を電気分解する際に発生する性質変化を利用し、
 その性質を活かし、生成されたものをアルカリイオン水です。

 

N炭酸水
 炭酸ガスが入っている水で、 天然のものや人工的なものもあります。
 炭酸水は、美容や健康に効果があるとされています。