水不足は体調不良の始まり

水不足と体調不良

分不足は体調不良の原因になります。

 

 

そもそも体調不良とは、
風邪や熱、体がだるい、食欲がない、吐き気、頭痛、肌にハリがないなど、
病院に行かない程度の不快な症状のことです。

 

 

◆体調不良の要因
@ストレス
体調不良の一番の原因はストレスです。

 

ストレス溜まった状態が続くと、体自体のの不調だけでなく、
鬱や不安感などの精神的な不調も引き起こされることになります。

 

また、ストレスは脳と心臓に負担がかかる為、それに関連した病気の原因にもなります。

 

 

A低体温
正常な体温は36.5〜37℃と言われており、36℃を下回ると低体温になります。

 

低体温の場合、血行不良による冷えや自律神経による体調不良になります。

 

頭痛や筋肉のコリ、だるさ、便秘、ホルモンバランスの崩れなどの症状が出ます。

 

また、低体温状態になると酵素の働きが低下することで、免疫力も落ちてしまうのです。

 

 

B梅雨の時期
梅雨の時期は、体調不良になりやすい人は多いですね。

 

主な症状としては、肩こりやダルさ、頭痛です。

 

梅雨の時期は、気圧や気温や湿度の変化が激しいため、
自律神経が乱れやすく、体調不良を感じやすくなります。

 

この場合は、適度な運動と睡眠をしっかりとり、
自律神経を整えるようにする必要があります。

 

 

C運動不足
運動不足からも体調不良は起こります。

 

人の体は、栄養を摂取し、体を動かすような仕組みなっているため、、
体を動かさずに運動不足になると、とたんに調子を崩してしまいます。

 

主な症状は、だるさやむくみ、頭痛、筋肉のコリ、疲れなどです。

 

運動することで、血行がよくなり、新陳代謝が活発化し、
だるさやむくみ、頭痛、筋肉のコリ、疲れなどの体調不良が改善されます。

 

また、 激しい運動でなく、ウォーキングなどの軽い運動で十分です。、

 

 

このような、体調不良の状態になると、
単に睡眠を取っただけでは回復しません。

 

 

体調不良の大きな原因は、新陳代謝の低下にあります。

 

 

人の体は、いくつもの細胞で出来ています。

 

 

その細胞が次々と死んで
生まれてを繰り返していくことを新陳代謝といいます。

 

 

例えば、肌の場合は28日、
筋肉の場合は60日、骨の場合は1〜3年かかります。

 

 

この新陳代謝が低下すると体調不良の状態になるのです。

 

 

その新陳代謝を活発にするためには、まずは、水をたくさん摂取することです。

 

 

すると、血流が良くなり、老廃物の排出が促進され、新陳代謝がアップします。

 

 

人の生体反応の全てには、水分が関係しています。

 

 

水分が不足すれば、生体反応の全てが鈍くなってしい、新陳代謝が低下するのです。

 

 

体調不良の改善には、まずはたくさんの水を摂取しましょう。

 

 

◆飲むタイミング

 

@朝起きたらコップ1〜2杯
A運動の前、中、後
B入浴の前後
C就寝前

 

@〜Cは必ず水を飲むタイミングです。

 

これ以外でも、喉が渇いたと感じたらその都度、摂取するようにしましょう。

 

 

◆水の飲み方

 

@常温の水を飲むこと
A一度にコップ1杯(やく200ml)
B目安は1日1.5?〜2?
C夏場だけでなく、冬場も同じように摂取すること