水の正しい飲み方って

水の正しい飲み方

 

には正しい飲み方があり、
ただ、やみくもに飲みまくればいいというものではありません。

 

 

きちんと水を摂取すれば、新陳代謝が良くなり、
老廃物が排出されやすくなります。

 

 

すると、体中の細胞にも水分が行き渡ります。

 

 

その結果、美肌、便秘、ダイエット、デトックスに効果があります。

 

 

ただし、やみくもに飲むのは逆効果になる場合があります。

 

 

まず、1回に大量の水を摂取しても、
その分を体内で蓄えることができず、尿として排泄されてしまいます。

 

 

過剰に摂取しすぎた水分は、
体を冷やしてしまい、体内の血流を悪くします。

 

 

その結果、むくみ、頭痛、肌トラブル、肩こり、などの原因となります。

 

 

そのうえ、水分の過剰摂取により体が冷えると、水毒の原因にもなります。

 

 

水毒とは「水」が体内に滞った状態の事を指します。

 

 

水毒の身体的な症状は以下の通りです。
・顔がむくむ
・下腹部がぽっこりしている
・むくみにより足首にくびれがない
・口が渇きやすい
・冷え性
・やせにくい
・疲れやすい
・生理痛、生理不順
・めまい
・頭痛
・アトピー
・鼻炎
・ぜんそく

 

このような症状が出ましたら、水毒の可能性があります。

 

 

間違った水の飲み方をすると、色々なトラブルを引き起こすのです。

 

 

水を飲む上で重要なポイントは「飲むタイミング」と「飲み方」です。

 

 

◆飲むタイミング

 

@朝起きたらコップ1〜2杯
A運動の前、中、後
B入浴の前後
C就寝前

 

@〜Cは必ず水を飲むタイミングです。

 

これ以外でも、喉が渇いたと感じたら
その都度、摂取するようにしましょう。

 

 

◆水の飲み方

 

@常温の水を飲むこと
A一度にコップ1杯(やく200ml)
B目安は1日1.5?〜2?
C夏場だけでなく、冬場も同じように摂取すること

 

 

喉が渇いた時点で、体から1%の水分が失われています。

 

 

約2%の水分が体から失われると
喉がカラカラで、頭がぼーっとしてきます。

 

 

約4%の水分が体から失われると
疲労感や具合が悪くなるなど不調を訴え始めます。

 

 

約8%の水分が体から失われると息苦しさと思考の低下、
約10%の水分が体から失われると失神の恐れがあります。

 

 

こうならないためにも、水の正しい飲み方を身につけましょう。