体にいい水の条件って

体にいい水の条件

いいには、
一定の条件が必要になります。

 

 

人間の体の60〜70%を占める水は、
生命維持に欠かすことのできない大切な成分です。

 

 

ですから、せっかく摂取するならば、より良い水を摂取したいものです。

 

 

水は、体の中では血栓症の予防としての溶媒作用、
栄養や酸素を運ぶ運搬作用、老廃物を排出する排泄作用、
発汗による体温調節作用としての働きがあります。

 

 

このように人間の体の健康維持、
生命維持に必要な水だからこそ、摂取する水には注意が必要です。

 

 

水といえば、一昔前までは、水道水、湧水、井戸水くらいでした。

 

 

その頃は、水を買うということが考えられませんでした。

 

 

今では当たり前に、水素水や還元水、
ミネラルウォーターなど身体によさそうな水がたくさん売っています。

 

 

では、身体に良い水の条件とはなんでしょうか?

 

 

@海水と同じミネラルバランスの水

 

血液のミネラル成分の組成は、海水と程同じように組成されています。

 

これは、生命の始まりが海だったということも一つの理由です。

 

現代人は、食生活の変化によって、常にミネラルが不足の状態にあります。

 

そのため、水からミネラルを積極的に摂取する必要があります。

 

カルシウム、マグネシウムだけでなく、
リン、カリウム、硫黄、ナトリウム、鉄、亜鉛、
セレン、マンガンなども必須のミネラルです。

 

 

A強い酸化還元力の水

 

活性酸素の影響で人の体は酸化(老化)してしまいます。

 

酸化還元力の強い水であれば、この酸化の影響を少なくできます。

 

酸化還元力は酸化還元電位(mV)の数値が
低ければ低いほど還元力が強いのです。

 

この数値は、250mV以下が理想ですが、
日本の水道水は、500〜700mVだそうです。

 

 

Bクラスターが小さい水

 

クラスターとは、水の分子の複合体が
ブドウの房のようになったものです。

 

この分子が小さいほど、効率よく細胞に水が染み渡ります。

 

例えば、海洋深層水のクラスターは、
水道水とくべて1000分の1ほどなのです。

 

これが、海洋深層水がいいといわれる理由の一つといえるでしょう。

 

 

C有害物質を含まない水

 

当たり前のような気がしますが、水道水は有害物質だらけです。

 

鉛、水銀、鉄サビ、カビ、細菌、
これらは体に毒素として蓄積し、体の代謝を狂わせてしまいます。