水はアトピーの改善に必須

水とアトピー

アトピーの症状の軽減に役立ちます。

 

 

アトピー性皮膚炎の主な症状は、
簡単にいえば、長期的に続く湿疹のことです。

 

 

◆主なアトピー性皮膚炎の症状
@強いかゆみがある
出血してしまうくらい強く掻いてしまうこともある。

 

A湿疹が体の部位に左右対称に出る
額、目・口のまわり、耳、首、手足の関節部分に出やすい。

 

B長期的な症状
乳幼児は2ヶ月以上、成年では6ヶ月以上の長期的な症状が出ます。

 

 

◆アトピー性皮膚炎のの特徴
・カサカサ
・ゴワゴワ
・ジュクジュク
・ひどい赤み
・患部の盛り上がり
・硬い状態の湿疹

 

 

アトピーの原因は、子どもと大人では異なります。

 

 

子どもの場合は食べ物で、大人の場合は周囲の環境、ストレス、ダニなどが原因です。

 

 

◆子どもの場合(食べ物が原因)
・卵(特に白身)
・牛乳、乳製品(ヨーグルト、チーズなど)
・大豆(大豆油、豆腐、味噌など)
・小麦(パン、うどんなど)
・米
・エビ・カニ
・魚(サバ、サケ、マグロなど)
・ソバ
・落花生

 

 

◆ 大人の場合(環境が原因)
・ダニやハウスダスト(家のホコリ)
・カビや真菌(カンジダ、アスペルギウスなど)
・細菌(ブドウ球菌など)
・花粉(スギ、雑草など)
・ペットの毛(犬、猫など)
・ホルムアルデヒドなどの化学物質

 

 

◆アレルギー体質以外の原因
・ストレス
・乾燥肌
・清潔でない状態でいること
・不規則な生活
・睡眠不足

 

 

肌は常に外気にさらされており、紫外線などの影響も受けます。

 

 

そんな環境の中で、1日で肌から失われる水分量は約600ml以上です。

 

 

アトピーの方は、保湿力がないため
それ以上の水分量を失うとされています。

 

 

また、アトピーの症状の重さと
腸内環境の良し悪しは関係するとされています。

 

 

便秘で腸内環境が悪化すると、過剰な活性酸素が発生し、
悪玉コレステロールと結合して過酸化脂質ができます。

 

 

この過酸化脂質が、粘膜や皮膚を刺激し、
アトピーの症状を悪化させる原因となります。

 

 

水を十分に摂取することは、
失われた水分量の補充と腸内環境の改善し、
アトピーの症状を軽減することにつながります。

 

 

そのため、アトピーの方は、
まずは水分をたくさん摂取することが重要です。